社労士事務所 オフィス西岡

  • 企業の方はこちら
  • セミナーの方はこちら

・相談時間午前9:00~午後6:00

06-6651-7921

※緑字の部分をクリックすると、
 用語集で解説しています。
一覧は
こちら

あきらめていませんか?一度ご相談ください。

  • 厚生年金や国民年金、共済年金に加入しているときに、障害年金を請求しようとする病気やケガで、
    初めて病院で治療を受けた日があること。
  • 保険料をキチンと納めていること、または免除されていること。
  • 障害年金を請求しようとする病気やケガで、日常生活がかなり制限されていること。

請求に必要な書類はこんなに沢山あります!

初めて受給される方

すでに受給されている方

審査請求・再審査請求の方

受給した後なども、困ったときはいつでもご相談ください。

社会保険労務士は、障害年金の裁定請求審査請求または再審査請求を代行できる唯一の国家資格です。
当センターの社会保険労務士は、心理カウンセラーの資格を持つ年金マスターです。
他に、年金アドバイザーの資格も持っています。
つまり、年金を得意とする社会保険労務士です。

心をこめて寄り添います

・お客様の気持ちに寄り添って、ご本人やご家族とともに嬉しい決定がおりるまで、誠心誠意頑張っていきます。

・「重要事項説明書」をお互いに取り交わし、ご理解いただけるまでご説明します。
ご納得いかないままお話を進めることはありません。

・着手金の有無や金額、報酬額だけで比べることなく、実績や相性、人柄、お話しした時の安心感などで選んでいただければと思っています。

・初期相談は無料ですので、お気軽にお電話ください。

成功報酬で頑張っています

障害年金の請求、審査請求または再審査請求業務を、できる限り経済的なご負担をかけずにお受けするよう、成功報酬で頑張っています。
ご依頼の事件が解決した場合には、成功報酬として頂戴いたします。

・その場合にも、実際に年金が支給されてからのお支払いでけっこうですので、別段に金銭をご用意いただく必要はありません。

一応法律家です

・お客様からのご依頼時に、いろいろお聞きすることになります。
その時には、正直に、ありのままを教えてください。
それをもとに、お医者様にご説明し診断書を書いていただきます。
隠し事や脚色をされてしまうと、辻褄が合わなくなったり、ご依頼自体をお受けできなくなることもあります。
病状、生活のこと、全て正直にお話し下さい。

「うつ病」「躁うつ病」「統合失調症」「発達障害」等の精神障害も障害年金の受給対象です。

年齢や職業、性別は多岐に渡りますが、最近は特に精神を病んでいる方からの障害年金についてのご相談が多く、特定疾病や難病の方も多くいらっしゃいます。
働く中で精神を病んでしまう方を少しでも減らすために、ON障害年金サポート相談センターでは、会社の中からメンタルヘルス不全者を出さないための自己啓発セミナーや、不全者が出た時の対応の仕方などライン教育としてのメンタルヘルスセミナーも随時開催しています。

  • フジサンケイビジネスアイに掲載
  • 産経新聞に掲載
  • 静岡市女性会館図書コーナーだよりvol.83に掲載
  • 婦人公論に掲載

ミセスMの毎日がチャレンジ!

一覧を見る

©ON障害年金サポート相談センター

TOPへ